あびくろ.com

子供/健康/からだの悩み/ブログ

歯医者を怖がる子供を【安心】させる3つの方法

      2016/05/10


歯医者 手
子供が虫歯になった時に、避けては通れないのが歯医者に連れて行く事ですよね。ウチの子は我慢して治療できるだろうか?と、とても不安になってしまいますよね。いざ連れて行ったら、やっぱり泣きわめいて全然言う事を聞かずに困った経験をしたって人も多いのではないでしょうか?そんな悩みを抱えたあなたに是非試してもらいたい[子供が安心して歯医者に行けるようになる3つの方法]をまとめてみました。

スポンサーリンク

怖がる原因を取り除いてあげましょう

まだ歯医者に行った事もないのに怖がる

このパターン、実は親であるあなたの何気ない一言に原因があるのです。

「ちゃんと歯みがきしないと虫歯になって、歯医者さんに行かなきゃならなくなるよ!」とか「お菓子ばっかり食べてたら虫歯になって歯医者さんに行かなきゃならなくなるよ!」

とか言った事はありませんか?

ついつい言ってしまいがちですが、この一言で子供は歯医者に行かなきゃならなくなる→歯医者は嫌なところ→歯医者は痛い事されるところ→歯医者=怖いというイメージを持つ事になります。

あなたがまだ子供を歯医者に連れて行った事が無いのなら、歯医者=痛い、怖いというイメージを持たないように、普段から言葉には気を付けましょう。

何度か歯医者に行った経験から怖がる

子供の気持ちになって考えてみてください。

小さなお子さんにとって、おんぶやだっこしてもらうのも、どこかに行くのも全てお母さんなのです。

知らない人にだっこされたら泣いてしまう子も多いでしょう。

それが生まれて初めて歯医者というところに行って、知らない人に口を思いっきり開かされ、器具を口の中に入れられるのです。

そしてイヤな音を出しながら、歯をいじられるのです。

小さなお子さんにとって、口の中に何か入れられるというのは恐怖です。ましてや、それが知らない人なんですから、もう二度と行きたくないと思うでしょう。

 

少しでも慣れさせる為に、家でも口を大きく開けさせて中を見てあげたり、歯磨きを手伝ってあげたりして口を開ける事と、口の中を触られる事に慣れてもらいましょう。

また、歯医者さん(他人)に対する恐怖心を取り除いてあげる為に、嫌な事をする怖い人ではなく、歯医者さん=虫歯をやっつけてくれる良い人という事をしっかり教えてあげましょう。

 

楽しい雰囲気作りをしましょう

あなたは嫌がる子供を無理やり連れて行くために、歯医者に行く事を隠して、もしくはウソをついて連れていっていませんか

これは絶対にダメです。

あなたは普段から「ウソをつく事は悪い事」だと教えているはずです。

あなたに騙され、歯医者に連れて行かれた子供はどう思うでしょう?

親子の信頼関係だけでなく、「また騙されて歯医者に連れて行かれるかも」と思うようになってしまいます。

また、「何もしないよ」とか「痛い事はしないよ」といったウソもダメです。

「痛い事されるよ」と言って、あえて不安がらせるのは良くないですが、何故治療にいくのか、どんな事をするのかを怖がらないような説明で、きちんと説明してあげることが大切です。

 

そして前の日から歯医者に行く事を伝えて、心の準備をさせてあげましょう。

突然歯医者に連れて行かれるよりも、明日は歯医者に行くんだなという気持ちを持たせておいた方が、子供にとっても心の準備ができるというものです。

そして当日は、朝から楽しい雰囲気を作る事が大切です。

おそらくあなたは「また泣いて言うこと聞かないんじゃないか?」とか「今日は痛そうだけど、我慢できるだろうか?」とか色々な不安が頭にあると思います。

子供はそんなあなたの不安を、表情や言動から敏感に察知します。

そしてそして子供自身も、どんどん不安になっていくのです。

まずはあなたがリラックスして、子供に不安を持たせないようにする事がとても大切です。

大げさな親は、子供に何かあるたびに騒ぎます。

医者だの、病院だの、薬だの、時には「何てことをするの!」と、子供にお説教までして、怒鳴ります。

こんなに騒がれると、子供は余計に不安にならざるをえないのです。

「そんなに大変なことになってしまったのかな? どうしよう。死んじゃうのかな」と不安になります。

少々のことでは、人は死にません。

子供が不安になっているときには、親が笑ってあげることで、不安が吹き飛んでしまうのです。

できるだけ子供から不安を取り払ってあげることが、親の務めです。

子供の不安を取り払うのは、難しくはありません。

「ははは。大丈夫、大丈夫」と、笑い飛ばしてしまうだけで、子供の不安も飛んでいってしまうのです。

引用:Happy Life Style

歯医者に行くまで楽しい会話をしながら、何なら鼻歌でも歌いますか。

子供にアニメを見させて楽しい気分にさせるのも良いですが、親子で一緒に楽しい雰囲気を作った方が、よりリラックスできると思います。

方法は色々あると思いますが、親子共にリラックスして明るい気持ちで歯医者に行く雰囲気作りをしてあげる事が大切です。

 

スポンサーリンク

頑張った事を認めて、しっかり褒めてあげましょう

なんとか無事に今日の治療を終える事ができました。

治療が終わったら、必ず親子で歯医者さんに「ありがとう」とお礼を言いましょう。

お礼の言葉を言う事で、歯医者さんは良い事をしてくれたんだという思いが出てくるからです。

 

・口の中を触られる事は大丈夫
・歯医者さんは虫歯をやっつけてくれるいい人
・前向きな気持ちで歯医者に行けた

だったとしても、やっぱり治療中は嫌だったと思います。

大人のように「歯医者は嫌だけど、虫歯を治すのだから我慢するしかない」という考えを子供に求めても無駄です。

 

泣いてしまったかも知れませんし、もしかしたら暴れて治療にならなかったかも知れません。

でも、決して叱ったり怒鳴ったりしてはいけません。

あなたは子供の為を思い、言いたいことを言って分からせようとしているのでしょうが、小さな子供にとっては物凄く嫌だったのに、さらに親にまで叱られたという事だけが残ってしまいます。

子供がやったことを「何てことをするの!」から「すごいね。よくできたね」と褒めるだけで、子供は喜んでまた行動します。

行動が成長につながっていくのです。

子育ては、難しそうですが、実は褒めるだけでよかったのです。

引用:Happy Life Stile

 

 

泣いてしまったけど頑張った事。

暴れてしまったけど頑張った事。

 

をしっかり褒めてあげましょう。

そして「頑張ってくれたからお母さんも嬉しいな」という事を言ってあげてください。

子供は親に認められ、褒められる事が大好きです。

そして親を喜ばしてあげたいという気持ちも持っています。

 

嫌だったけど褒められた、お母さんも喜んでくれているという事で、次も頑張ろうという前向きな気持ちになれるのです。

 

まとめ

歯 笑う 子供いかがだったでしょうか?

小さなお子さんを持つ親にとっては、子供に虫歯があると分かったらホント不安になりますよね。

実際連れて行ったら、やっぱり泣いて言う事聞かないし・・・

でも、紹介した3つの方法を実践する事で、子供の不安を少しでも取り除いてあげる事がると思います。

子供が歯医者を嫌がるのは、痛いからというよりも、怖くて不安という感情からでしょう。

子供を不安にさせない為に、まずは親が不安にならずイライラせずという事が大切なポイントなのです。

スポンサーリンク

 - 子供