あびくろ.com

子供/健康/からだの悩み/ブログ

嫌われる口臭の原因と、誰でも簡単にできる対策方法。

      2015/10/26


 

otoko kuchi口臭は自分ではなかなか気づきにくく、まわりの人もあなたを傷つけてしまうと思ってなかなか指摘しづらいものです。
その為、何も対策をせずにパートナーや子供に「口が臭いよ」と言われて初めて自分の口臭に気づくケースが多いのではないでしょうか。

人間の嗅覚は変化があった時だけ匂いを感じ、しばらく同じ匂いを嗅いでいると全く匂いが分からなくなります。
例えば臭い部屋に入った瞬間は物凄く匂いますよね。でもしばらくすると慣れてしまい、全く匂いを感じなくなるでしょ?
だからいくら「口が臭いよ」と言われても、本人は四六時中自分の口臭を嗅いでいるので自覚がないのです
自分の口臭がどの程度のものなのか、口臭チェッカーで調べてみるのも良いでしょう。

「あの人の口臭いよね」と噂されないように
口臭の原因から予防・対策までまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

なぜ口が臭いのか原因と対策を考えてみよう

うわさ

口臭の原因にはいろいろなものがあります。
まずは「なぜ口が臭くなっているのか」を考えてみましょう。


舌苔


びっくり舌苔
というのは舌の上で作られている物質(VSC)で、これが唾液と混ぜ合わせられる事によって唾液が臭くなるのです。
口臭がキツイ人の多くがこの舌苔によるものです。
食べ物や死んだ細胞が舌の上に溜まっているもので、少なからず誰でもあるものですが、極端に舌の上が白くなっている人は舌苔が大量に溜まっているといえるでしょう。
この舌苔は体調や時間帯によっても変化しますので、風邪をひいている時や寝起きに口が臭くなるのも、この舌苔量の変化が一つの要因です。

舌(した)という漢字に苔(こけ)って、いかにも口が臭くなりそうですね。

「舌の上に菌が溜まってる」なんて考えただけで、今すぐにでも取ってしまいたくなりますね。
それでは舌苔対策を実践してみましょう。

対策

じゃあ、さっそく舌をゴシゴシゴシと・・・

「オエッ」

今度こそ・・・

 

「ヴォエェェェ~」

そうですよね。
そうなりますよね。

まずこの方法に間違いがいろいろあります。
舌を擦る時は歯磨き粉は付けずに水だけで十分です。
それとゴシゴシと擦るのは絶対ダメです。優しく舌の奥から先に歯ブラシを当てて擦りましょう。
「この白いヤツを全部とってやる!」とばかりにゴシゴシこすると、粘膜を傷つけてしまいます。デリケートな粘膜を傷つけないよう優~しく、優~しくで十分ですので、毎日1回行いましょう。
あと、「ヴォエェェェ~」ってなるやつですが、コツがありますのでやってみてください。

・舌を思いっきり出しながら息を止めて、人差し指と親指の腹の部分で舌をしっかりつまんで舌を奥から擦る。

するとどうでしょう、吐き気も少しはマシになると思います。


ドライマウス(乾燥)

水呑む寝起きって口が臭いですよね。寝起きに口が臭いのは、先ほどの舌苔量の時間による変化もありますが、乾燥によるところが大きいんですよね。
あと緊張して喉が渇いている時なんかも口は臭くなります。
唾液には殺菌や洗浄してくれる役割があるので、乾燥する事によって細菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因となるのです
ですから、朝起きてからすぐに水分を取ると細菌ごと飲み込んでしまうので、まずうがいをしてから水分補給するのが良いですね。

対策

水分をこまめにとる事です。

特に会議などで話しをする時は、緊張も手伝って口の中が乾燥しやすいので、必ず水を持って臨みましょうね。
この水分補給は、ジュースやコーヒーではなく水にしましょう。糖分が入っていると口のなかで酸化を起こして唾液の量が減り、かえって口臭の原因となりますので注意してください。


歯周病

はぶらし歯周病とは、歯と歯茎のあいだに細菌が繁殖して、炎症を起こす症状です。この歯周病は歯垢(プラーク)という細菌の集まりが原因で口臭のもととなります。
予防する為には、正しい歯磨きと正しい食生活を心がけるのが一番です。

対策

症状が歯ぐきだけの歯肉炎から、進行した歯周炎まであります。歯肉炎であれば歯磨きの仕方を見直したりする事で改善できます。
ですが、まずは歯医者さんに行って診てもらう事ですね。

スポンサーリンク

 

喫煙

タバコ喫煙すると口が臭くなるのは何故でしょう?

タバコの成分にはニコチンとタールという2つの成分が含まれていて、その成分が口臭の原因となるのです。
ニコチンは毛細血管や血圧上昇を引き起こしますので、血圧の循環が悪くなる事で唾液の分泌が抑えられて、口の中が乾燥するんですね。
乾燥すると口の中の細菌が繁殖しやすくなる事は先に述べたとおりです。
タールとは、いわゆる「ヤニ」と呼ばれるもので、このヤニは歯や歯垢などにも付着しますので、喫煙後でもそのタールの臭いが口の中に残って口臭の原因となるのです。

対策

禁煙するのが一番の対策なんて事は誰でも分かっていますが、愛煙者にとっては簡単な事ではありません。
ここでは禁煙以外の対策を考えてみましょう。

まず原因にある唾液の分泌が抑えられる事を防ぎたいので、喫煙後は水分をしっかり取りましょう。喫煙時にコーヒーを飲む人が多いのですが、コーヒーとタバコの混ざった臭いは良い臭いではありませんし、コーヒーには利尿作用がありますので、体内の水分量も減ってしまいます。なるべくなら水を飲みましょう!

えっ? タバコにコーヒーは付き物だって?

そんな事だから口が臭いと言われるんです。禁煙できないのなら、そのくらい頑張ってみましょう。

あと、口臭予防のガムを噛んだりする事も唾液の分泌を促す効果がありますので、ガムを噛める環境であればやってみてください。
もちろん歯磨きを丁寧にして、歯や歯垢に付いたニコチンを取る事も忘れずに!

 


その他の原因

口臭の原因となるものには他にも胃炎や胃潰瘍などの病気によるものや、扁桃腺にできる膿栓と呼ばれるものが原因だったりします。
膿栓とは、扁桃腺にある穴に死んだ細菌や食べかすが溜まってできた玉の事で、舌苔と同じようなものですね。これは潰すと物凄く臭いらしいですよ。

 

まとめ

こども口 2

いかがだったでしょうか?

口が臭いといっても、その原因にはいろいろあり、まずは原因を探る事から初めて対策していく事だ大切ですね。
会社の同僚や近所の人、大切な人から「口くっさ!」と心の中で思われないようにしたいものですね。



スポンサーリンク

 - からだの悩み