あびくろ.com

子供/健康/からだの悩み/ブログ

子供の習い事人気ベスト10! 費用はいくらかかるの? その相場とメリットは?

      2016/05/10


階段こども子供に何か習い事をさせる事によって、体力や学力の向上だけでなく、団体行動の大切さや礼儀など、たくさんの事を学ばせる事が出来ます。

親にとっても同じ習い事をしている親と横の繋がりができて、子育ての悩みを相談し合えたりするので、習い事はとても良い事だと思います。

しかし費用がどの程度かかるのかとか、どんなメリットがあるのかなど、いろいろな事が気になりますよね?

今回は人気の習い事をピックアップして調べてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

どんな習い事に人気がある?(2015年 BEST10)

いざ子供に習い事をさせようと思っても、様々なものがあるので悩んでしまいますよね?

あれもこれもとやらせたい気持ちもあるとは思いますが、それでは子供が自由に遊ぶ時間が無くなってしまいます。

子供も可哀想ですし費用もたくさん掛かってしまうので、無理のない程度で習わせたいですね。

ケイコとマナブ.net による2015年の人気の習い事ランキングは以下の通りです。

 

※項目年齢は習い始める時期が一番多い年齢です(人気上位項目のみ記載)

 □ 1位 スイミング(3歳)

水泳何年もずーっと1位のスイミングです。

このブログを見ている方の中でも、子供の頃スイミングをしていたっていう人も多いのではないでしょうか?

習わせたいと思う理由については

  • 病気にならない丈夫な体にしたい
  • 体力を付けたい
  • 小学生に上がるまでに泳げるようにしておきたい

などが主な理由となっています。

実際スイミングは全身を使う運動なので、体力は凄く付くと思います。

実際幼いころからスイミングを習っていた子は、体力・持久力が全然違います。

おそらく幼い頃から水泳をすると、心肺機能が鍛えられるのでしょう。

ちなみに私は幼い頃島で生まれ育ち、いつも泳いで遊んでいたので、スイミング教室とは無縁でした。

そのお陰か分かりませんが、子供の頃から病気とは全くの無縁で、風邪で学校を休んだ事も一度もありません。

何年も習い事ランキング1位になるのも頷けますね。

 

〇 費用

週に1回のコースで月に5,000円、週に2回のコースで月に8,000円くらいのところが多いようです。

別途5,000円程度の入会金があったり、スクールによってはプチ旅行などのイベントで多少出費があったりするようです。

送迎バスがあるところも多いようですので、共働きでも安心ですね。

病気にならない丈夫な身体を作る為に、スイミングは絶対オススメです。

 

□ 2位 英語・英会話(3歳)

英語習う時代なんでしょうね。

私が子供の頃は英語・英会話を習うのは、早くても小学校4年生くらいでしたが、今では早ければ0歳児からでも英語を習うそうです。

将来のお受験に備えて、早くから英語に慣れさせるという方も多いでしょう。

習わせたい理由としては

  • 将来必ず必要になるので、早いうちから慣れさせたい
  • 小さいうちなら吸収しやすい

などが多いようですね。

確かに大きくなってから英語を習うよりも、まだ何でも吸収しやすい小さいうちに英語を習っていれば、自然と身に付くでしょう。

英語教育の強化によって、2013年からは小学校で英語を習うようにもなりました。

その影響もあって、英語・英会話を小学校に上がる前から習うお子さんも増えているようです。

将来的には今の時代より英語を使う場面が増えてくるでしょうから、英語や英会話を習うのは良いのではないでしょうか?

 

〇 費用

月に4~5回で月謝5,000円~10,000円が相場のようです。

金額に幅があるのは、個人でのスクールと大手や実績のあるスクールによって違いがあるからです。

 

幼児に英会話を習わせようと思うなら、ペッピーキッズクラブが超オススメですね。
全国1300ヶ所もあるだけあって、教育理念や方針がしっかりしています。
体験レッスンもやっているので、どんなものか参加してみるのも良いのではないでしょうか。

↓↓↓こちらであなたの自宅近辺の教室が簡単に探せます。


□ 3位 ピアノ  (3歳)

ピアノ習うこれはちょっと意外でした。

私の先入観なんでしょうが、ピアノを習うのはお金持ちの女の子っていうイメージで、数は少ないと思っていたんです。

それがなんと総合で2位とは驚きです。

習わせたい理由としては

  • 幼児期の頃から音感を身に付けさせたい
  • 趣味として音楽を楽しんでもらいたい

などが多いようです。

私はピアノを習っているのは女の子だけという古いイメージだったのですが、男の子も結構いるようです。

 

〇 費用

月に3回くらいのレッスンで、7,000円~8,000円が相場のようです。

仮に3姉妹が揃ってピアノを習ったら毎月2万円以上掛かるって事ですよね。

けっこう高いんだなと感じるのは、私だけでしょうか?

 

□ 4位 リトミック・体操(2歳)

こどもリズムリトミックって何だ?って方もいると思いますので調べておきました。

えっ、知ってるって?

私は知りませんでしたので、調べてみました。

こどものためのリトミックは、リトミック研究センターの指導のねらい『情操教育』、『音感教育』、『生活習慣』を、三位一体の一貫した指導システムとして、子どもたちが自然に身に付けられるよう開発された教育法です。

従来からの習い事では、それ自体の技術や能力をレベルアップすることが、第一の目的でした。もちろん、各種感覚や諸器官の発育、また人格の形成にも役立ってはいましたが、それらを第一の目標にしているものは希でした。

リトミック研究センターでは、サッカーが上手になったり、英語が話せるようになったりすることは、一つの結果であり、そこに到達するために必要な、もっと基本的で潜在的な基礎能力を養うことこそ、子どもたちの将来を決定する重要な要素であると考えます。

それらは、集中力であり、思考力、判断力、記憶力、創造力、表現力など、人間が社会生活をしていくために最低必要な力であり、誰もが潜在的に持っている力です。これらの力がバランスよく発揮されることにより、自主性や積極性が養われ、健全な心が育まれていくのです。

引用:リトミック研究センター

簡単に説明すると、音楽を使って集中力、思考力、判断力、記憶力、創造力、表現力などを育成するという事です。

リトミックを習わせたい理由としては

  • 0歳からでも気軽に始められる
  • 音楽を使って楽しく、いろいろな器官を刺激してあげられる

という理由が多いようです。

 

〇 費用(リトミック)

週に1回で月に3,000円~6,000円が相場のようです。

別途テキストやDVDの費用がかかる場合もあるようです。

 

体操を習わせたい理由としては

  • 適度な体操で運動能力を向上させたい
  • 体力が有り余っているから

などの理由が多いみたいですね。

〇 費用(体操)

週に1回で、月に4,000円~6,000円くらいが相場のようです。

回ったり、転がったり、飛んだり、跳ねたりと、いろいろな動きを全身でするのは、小さいお子さんにとって非常にいい事ですね。

 

□ 5位 学習塾・幼児教室(0歳~)

算数幼児教室は早く始める子供は、0歳から通い始めるようです。

これはもう親の考え方によって全く変わってきます。

「なんでも早いうちから習った方が有利だから」「周りに幼児教室に通っている子がいるから」という早期の幼児教育肯定派と、「幼いうちから本人の望んでいない事はやらせたくない」「幼すぎて身に付かない」といった否定派に分かれます。

 

〇 費用

週に1回で、月に5,000円~10,000円が相場

お受験対策となるとグンと相場が上がって、月に30,000円~50,000円になるようです。

お受験対策なら仕方ない気もしますが、幼児向けの勉強としては結構高いですね。

これなら通信教育を使えば月に1,000円程度ですし、親子で一緒に勉強したほうが勉強嫌いにならずに良いのではないでしょうか?

【月間ポピー】なら無料のお試しがもらえるので、試してみてから定期購入するかどうか決めても良いと思いますよ。
幼・小・中学生向けの家庭学習教材【月刊ポピー】無料おためし見本プレゼント!


スポンサーリンク

□ 6位 サッカー


サッカーこどもやっと出ました! サッカーです。

お父さんの定番の夢としては、子供とキャッチボールなのですが、これも時代なのでしょうか?今や子供とキャッチボールならぬ、子供とパス交換なのです(笑)

男の子に人気の習い事ですが、女子サッカー「なでしこJAPAN」の人気で、最近は女の子も多くなってきました。

本当に嬉しい限りです。

習わせたい理由としては

  • 団体行動や仲間とのコミニュケーションができるように
  • 体力を付けて、辛くても頑張れる子になって欲しい

などの理由が多いようです。

私も息子にサッカーをやらせましたが、体力が付いただけでなく、きちんと挨拶ができる、仲間を思いやる事ができるなど、たくさんの事を学べたので本当に良かったと思います。

勉強ができるって事だけでは、社会に出てから通用しませんから。

野球でもバスケットボールでもバレーボールでも何でも良いのですが、チームスポーツをさせるのはとても良いと思いますよ。

 

〇 費用

クラブチーム  週に3日程度で月5,000円~8,000円が相場

少年団     週に3日程度で月2,000円~3,000円が相場

別途ユニフォームやスパイク、ボールなどに費用が掛かります。
クラブチームの場合は、その他に遠征や合宿など宿泊を伴った出費も多くあります。

 

□ 7位 習字

習字キレイな字を書けるとカッコいいですよね。

字は大人になっても、ずっと書き続けるものですし、子供のうちから是非習わせておきたい事の一つです。

習字を習っていなかった方は、大人になってたまに筆を使う時に憂鬱になるのではないでしょうか?

私がそうです(泣)

 

習わせたい理由としては

  • キレイな字をかけるように(当たり前の理由ですが)
  • 集中力を養う、行儀を良くする

などが理由になっています。

他にも礼儀作法が身に付く事や、国語の読み書きが好きになる、本が好きになるなどたくさんのメリットがあります。

毛筆だけでなく硬筆を習う事もできるので、将来必ず「子供の頃習字を習ってて良かった」と思う機会があるのではないでしょうか?

しかし子供も英語やら習字やら大変ですね。

 

〇 費用

週に1~2回で、月5,000円~8,000円くらいが相場になっています。

 

□ 8位 ダンス

おどる今や中学校でダンスが必須科目となっていますので、その為にダンススクールに通う子も増えているようです。

また、ヒップホップなどのダンスブームによって習い始める子も多いようですね。

テレビでもビックリするくらいダンスの上手な子が出てたりします。

リズム感や柔軟性の能力向上はもちろん、何といってもカッコイイというのが人気の理由となっています。

発表会など目標を持って練習する事もできますし、団体でダンスをする場合には、協調性や仲間への思いやりも養えます。

なにより楽しく踊る事で明るく活発な子供になるようです。

 

〇 費用

週に1回程度のレッスンで、月に5,000円~8,000円が相場

 

□ 9位 空手

カラテ空手は子供には危険では?という親御さんもおられるかもしれませんが、子供の時期に習得するのは基本的には「型」であり、その美しさや相手との駆け引きを競い合います。

実践で相手と対峙する時も、防具をつけて行うので安全です。

空手を習うことによって、身体(肉体)の強さだけでなく、心の強さ(精神力)も身に付きます。

また、大きな声を出せるようになる事や、礼儀正しくもなります。

小さいうちから空手を習う事によって、相手の痛みや苦しみが分かるようになりますので、将来イジメの加害者にならないと言われています。

それどころか、イジメを注意できる勇気ある行動が取れるようになるそうです。

素晴らしいですね!

 

〇 費用

週に2日程度で、月に2,000円~3,000円が相場

極真空手はそれよりも高額となるようです。

 

□ 10位 そろばん

ソロバン私が子供の頃は、そろばんは習い事の定番だったのですが、10位ですか。これも時代の流れを感じますね。

昔は「読み・書き・そろばん」と言われていた程、そろばんは必須能力とされていました。

電卓やパソコンなどが普及して、そろばんを習う人は減っていたのですが、ここ数年はそろばんが脳トレに良いと話題になり、再び人気になっているようです。

そろばんを習うと計算力がアップする事はもちろん、集中力や記憶力・想像力がつくと言われています。

また、人は計算するときに左脳しか使わないのですが、そろばんは左脳だけでなく右脳も使うので、脳の発達にはとても良いそうです。

 

〇 費用

週に2回程度で、月に4,000円~6,000円が相場

 

まとめ

あそぶ子供いかがだったでしょうか?

習い事と言ってもたくさんの種類がありますし、習う事によってそれぞれいろいろなメリットがあります。

親は子供の将来の為に、あれも習わせたい、これも習わせたいと思うかも知れませんが、子供だって習い事ばかりだとイヤになってきます。

あなたが子供の時にあれもこれも習い事を強要されたらどうでしょう?

子供の将来を思って習い事をさせる事は、とても良い事だと思いますが、子供には「しっかり学んで、しっかり遊ばせる」事を忘れてはいけませんね。

スポンサーリンク

 - 子供, 子育て