あびくろ.com

子供/健康/からだの悩み/ブログ

本当にサンタクロースから手紙が配達されるんです!

      2016/05/10


ポスト

年末のビッグイベント「クリスマス」まであと少しですね。

小さな子供をお持ちのお父さん、お母さんも「今年はどんなクリスマスプレゼントをあげようかな」なんて考え始める頃ではないでしょうか?

「今年はサンタさんに何をもらいたい?」なんて子供に聞いて、欲しい物を探ったりするのも楽しかったりするもんですよね。

 

今回はちょっと素敵な夢のある、サンタクロースから手紙が配達されるサービスを見つけたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サンタクロースはいつまで信じてた?

サンタクロース 何歳まで信じてた

引用:なんでも調査団

覚えていないを除くと、4歳~6歳が最も多いですね。

なんだか寂しい気もしますが、意外と早くからサンタクロースが親だという事がバレてしまうようですね(笑)

私自身はっきりとは覚えていませんが、小学校3年くらいまでは信じていたような気がします。

 

世界のどこかにサンタクロースがいて、いい子にしていたらクリスマスにプレゼントを持ってきてくれるなんて夢を見ている子供はカワイイですよね。

目を輝かせながらプレゼントをお願いしたり、朝起きたらプレゼントがあったなんて喜ぶ子供を見るのは、こっちまで嬉しくなるもんです。

まあ、そのうち夢から覚めるのですが(覚めてもらわないと困る)、小さいうちはサンタクロースの存在を信じさせたいのが親心です。

私も自分の子供が小さい頃、会社から帰宅する前にサンタクロースのコスプレをして、インターホン越しに子供と会話して楽しんでいました(笑)

小さいうちだけですが、そりゃあ完璧に信じますよ。

着替えてしばらくして帰宅すると、興奮気味にサンタクロースが来た事を報告してくれます。

あぁ、あの頃はかわいかった・・・

子供、犬

サンタクロースからの手紙

なんとかサンタクロースの存在を信じさせようとしますから、言い方は悪いですが親はあらゆる手段で子供をだまそうとします。

「お母さんがサンタさんに電話してあげるから、欲しい物を考えておいてね」なんて言って、欲しいプレゼントを聞き出して寝ている間に枕元にプレゼントを置いてみたり、私のようにサンタのコスプレをしてみたりとか、とにかく必死です。

子供が起きたときにプレゼントを見て「サンタさんが来てくれた!」と嬉しそうな顔をするのを見たいですからね。

私の友人の話しですが、子供が小さい頃クリスマスプレゼントにサンタクロースからの手紙を添えたら、すごく感動していたという事を聞いた事があります。

どうせなら、海外のサンタクロースから送られてくるような本格的なのがないかなと探してみたら、あるもんですね。

その名もサンタクロースからのお手紙です。

なんと、フィンランドの市長公認で、エアメールにて郵送されるという本格的なもので、切手もクリスマス仕様の特別な物のようです。

1通が1,500円と、とっても安いですし(以前私がコスプレしたサンタクロースの服は8,000円くらいしました・・・)この手紙を子供が見たらと思うとワクワクしませんか?

こんな手紙を見たら、きっとキラキラした目で喜んでくれると思いますよ!

とにかく本格的な手紙なので、小さなお子さんがいる方は一度見てみる事をお勧めします。

子供にとって小さい頃の思い出は、何ものにも変えれないと思うんです。

それは決して高価なプレゼントじゃなければダメなんて事ではなく

 

「サンタクロースが来てくれたんだ!」

と無邪気に感動する事なんじゃないかなと私は思います。

私の子供は中学生になりますが、小さい頃サンタクロースが来た(私のコスプレ(笑))事はもちろん、インターホン越しに話しをした内容まで、今でもよく覚えています。

それは、おそらく「サンタクロースが来てくれたんだ」という感動があったからでしょう。

 

私も子供の頃には毎年サンタが来ていましたが、残念ながら何をもらったかあまり記憶に残っていません。

プレゼントは嬉しかったと思いますが「サンタクロースが来てくれたんだ」という実感がなかったのかも知れません。

小さい頃にサンタクロースから手紙が来ていたら、たぶん大人になった今でも忘れてないと思います。

 

いずれは親がサンタクロースだったんだと分かる時がくるでしょう。

 

でもその時には

「あんな事までしてくれて、愛されているんだな」

と感じるはずです。

追記 27.12.18
紹介させて頂いた【サンタクロースからのお手紙】サービスは終了しました。

 



スポンサーリンク

 - 子供, 子育て