あびくろ.com

子供/健康/からだの悩み/ブログ

小学生にプロテインは危険?効果は?本当にオススメしたいもの

      2016/12/08


少年

子供の身長を伸ばしてやりたい!

 

親なら誰しも子供には大きく育って欲しいものですよね。特に小学生のうちから野球やサッカーなどのスポーツをしていると、どうしても体格のいい子供の方が有利です。

「うちの子がもう少し背が高ければ・・」

あなたはそんな悩みを持っていませんか?

技術はあるのに、体の小ささがハンディキャップになってライバルに負ける姿は悔しいもんです。

そんな時に藁にもすがる思いでジュニアプロテインを飲まそうとすると、周りからは「子供のうちからそんなもの飲ませて大丈夫?」とか、「自然なものじゃないからダメ」とか言われて不安になる方もいるのではないでしょうか?

本当のところどうなんでしょう?

また、子供にプロテイン(サプリメント)は良くないのでしょうか?そして効果はあるのでしょうか?

あなたは子供の背を伸ばすためには、カルシウム豊富な食事さえさせていればいいと思っていませんか?

最後まで読んで頂ければ分かるんですが、

 

それ、違いますから!

 

牛乳をよく飲んでるであろう酪農関係の方ってみんな背が高いですか?
毎日魚を食べてる漁師の方が必ずしも背が高くないのはナゼでしょう?

カルシウムを豊富に摂取しているはずなのにおかしいですね?

 

適度に運動して、睡眠をよく取りさえすればいい?

 

それも違いますから!

 

50年前と比べて、日本人の平均身長は10センチ程度伸びています。

どう考えても昔の子供の方が体を動かしていますし、睡眠時間も多いですよね?

 

今回は子供のプロテイン摂取の安全性や、背を伸ばす為には?って事について書きましたので、是非読んでみてください。

 

スポンサーリンク

なぜプロテインが危険だと思われるのか

「子供のうちからプロテインは危険だ」と言う人は、オリンピックなどのドーピング問題でよく使用される筋肉増強剤と混同しているケースが多いのではないかと思われます。
筋肉増強剤はステロイドの一種で、たんぱく質を人工的に筋肉に変える働きがあり、筋力トレーニングをしなくても筋肉がつきますし、筋力トレーニングと組み合わせれば、劇的に筋肉量が増加するものです。

しかし、筋肉増強剤は発がんの危険が高まる事や、高血圧・肝機能障害の原因になるなど、さまざまな副作用があるのです。

筋肉増強剤(アナボリック・ステロイド)を使用した事でドーピング検査に引っかかった有名な選手といえば、陸上100m走のベン・ジョンソンですよね。
他にもテニスのアンドレ・アガシや、野球のアレックス・ロドリゲスなど超一流選手でも筋肉増強剤の使用が発覚した選手はたくさんいます。
常に結果を求められるスポーツ選手は良い結果を求めるあまり、禁止されていると分かっていても、スランプに陥った時には薬による効果に頼ってしまう事もあるようです。

確かに筋肉増強剤(アナボリック・ステロイド)は危険です。

このイメージがプロテイン=筋肉増強剤=危険になっているのです。

 

プロテインは筋肉増強剤と何が違うのか?

筋肉増強剤(アナボリック・ステロイド)とは

アナボリックステロイドanabolic steroid)は、生体の化学反応によって外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用、すなわち蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称。多くは男性ホルモン作用も持っている。

『アナボリック』の語源は『構築する』を意味するギリシャ語の『anabolein』で、一般的には単に『ステロイド』と呼ばれるが[1]、糖質コルチコイド成分の『ステロイド』(副腎皮質ホルモンなど)とは異なる。

アナボリックステロイドは筋肉増強剤として使用されることが主で、ドーピング薬物として知られる[2]。短期間での劇的な筋肉増強を実現するとともに、常態で得ることのできる水準を遥かに超えた筋肉成長を促す作用[3]から、運動選手らの間で長年にわたり使用されてきた[4]

引用 Wikipedia

難しく書かれていますが、簡単に言うとステロイドの一種です。
ステロイドは、副腎(腎臓の上端)から作られる副腎皮質ホルモンで、薬にも使用されています。

みんな、「ステロイド=良く効くけど副作用もある薬」 という認識だと思います。

 

筋肉増強剤と違って、プロテインの主な成分は、人体を生成する為の原料となる栄養素タンパク質です。

筋肉・血液・臓器・皮膚から髪の毛や遺伝子伝達物質など、からだのさまざまな構成要素となるタンパク質が主成分なのです。
プロテインは筋肉増強剤と違って、摂取するだけで筋肉量が増すというものではありません。トレーニングに見合った効果が得られるように、不足した栄養素を補給するものと言えます。

せっかくトレーニングをしても、十分な栄養素がなければ体をつくる事はできません。

筋肉増強剤とプロテイン、その成分からも分かるように全く違うものなので

プロテイン=筋肉増強剤ではないのです。

 

プロテインを飲むと身長が伸びなくなるってホント?

これは、子供の頃に筋肉を付けすぎると背が伸びなくなるという、都市伝説みたいなものが由来だと思われます。

これは全米ストレングス・コンディショニング協会(NSCA)によって、無関係だという事が公式に発表されています。

 

ただし、筋トレのし過ぎで骨や関節に負荷を掛け過ぎてしまうと、成長の妨げにはなるようです。

何でも度が過ぎてやりすぎるのは良くない。

 

この、過度の筋トレによる成長の妨げの事実が、子供の頃から筋肉を付ける=背が伸びないになっているのです。
そして、プロテイン=筋肉増強剤という間違った先入観と合わさって、最終的にはプロテイン=背が伸びなくなると勘違いしてしまうのです。

Q1.プロテインを飲むと身長が伸びなくなるって本当ですか?

A1.それは誤った情報です。プロテインはたんぱく質を多く含む食品です。そもそも、身長を伸ばす骨の形成には、カルシウムだけでなくたんぱく質も必要となりますので、プロテインを飲むことは、身長の伸びを助けることになるでしょう。

引用:SAVAS 食事と栄養に関するご質問

 

スポンサーリンク

身長を伸ばす為に必要な栄養素とは

栄養素にはいろいろな種類がありますが、その中でも身長を伸ばすにあたって重要な栄養素は

  • タンパク質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミン

の5種類です。

カルシウムには骨を形成する働きがある事から、カルシウムを多く含んだ乳製品さえ摂取していれば、ぐんぐん背が伸びると勘違いしがちです。
でも、実はそれだけでは栄養素としては不十分なのです。

カルシウムだけでなく、5種類の栄養をバランス良く摂ってこそ、成長の助けとなるのです。

プロテインを飲む事で、子供の背は伸びるのか

プロテインは、不足した栄養素を補助する食品のようなものです。

いろいろな種類がありますので、身長を伸ばしたいという目的であれば、上記5種類の栄養素を多く含んだものを選ぶのが良いでしょう。

 

特にタンパク質を構成する10種類のアミノ酸は、成長に欠かせません。アミノ酸は、タンパク質を分解する事によって得られるので、タンパク質が不足していれば、十分に成長できないのです。

大人が一日に必要とするタンパク質の量は約60~80gですが、小学生では約55~75g、思春期になると約75~90gのタンパク質が必要といわれています。つまり、体格・体重から比較すると成長期の子どもは大人に比べ、より多くのタンパク質を必要としているのです。

引用:こころ、はずむ、おいしさ エバラ

アミノ酸の種類にはロイシン、バリン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン、という9種類の必須アミノ酸があります。

他にもアルギニンを含む11の種類のアミノ酸があります。

その中でも成長ホルモンの分泌を促すアルギニンこそ、身長を伸ばす栄養素なのです。

よって、必要な栄養素を十分に摂るという観点から、プロテインを飲んで背を伸ばすというのはアプローチとしては間違いではないのです。

子供の背を伸ばす為のオススメプロテインは?

成長ホルモンの素となり、その分泌を促進する効果の高いアルギニンが多く含まれているものが良いでしょう。

骨(軟骨)を生成する為には、コラーゲンが必要です。

そのコラーゲンの生成する役割もあり、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが骨の生成を促進すると言えます。

目的が栄養補給だけでなく、身長を伸ばすという事を重視するのであれば、プロテインではなく、アルギニンを多く含んだアミノ酸サプリメントが良いでしょう。

数あるサプリメントの中で私がオススメしたいのが身長サプリメントはDr.Senobiruです。

はっきり言ってDr.Senobiruは他のサプリメントに比べてやや高額です。
それもそのはず、アルギニンの含有量やその他の栄養素が他の成長サプリメントに比べて圧倒的に多いので、費用対効果としては逆に安いのではないでしょうか?
また、子供が飲む事を想定していますから国内生産にしており、安全性も高いです。

他の成長サプリメントと比べてみれば、成分量の違いや安全性、実績の違いなどがよくわかると思いますよ。

高いのには理由があるわけで「安かろう、悪かろう」だったなら、お金をドブに捨てるのと同じですからね。

ちなみにDr.Senobiruは公式サイトで購入するのが一番お得ですね。

〇 公式サイトの定期コース(60日間返金保障アリ) 9,800円/1箱

結構高いですよね。
でも公式サイト以外では定期購入ができないので、さらに割高になってしまいます。調べてみてください。
公式サイトなら60日間の返金保障があるので、使用してみて効果が無いと思ったら返金してもらえばいいですしね。
公式サイトには元広島東洋カープ一軍コーチや元Vリーグバレーボール選手のコメント、使用した親御さんの口コミもたくさん書かれていますので、それを読んでから検討しても良いでしょう。(品薄のようなので、もし売り切れていたらスイマセン)

▼▼▼公式サイトはコチラ


もう一度言いますが、牛乳や魚だけ食べててもダメなんです。
カルシウムを摂取することで、骨密度が高くなって折れにくい丈夫な骨が作られますが、それだけでは身長を伸ばす栄養素としては不十分なんですよ。

身長を伸ばすために、カルシウムだけ摂取していればいいなんて事はありませんよ。

 

子供の成長はいつか必ず止まります。

成長が止まってから後悔しても、もう成長期は来ないんですよね。

 

まとめ

こども 浜辺いかがだったでしょうか?

冒頭に述べたように、親は子供にすくすくと大きく育って欲しいと願うものです。
その為に、不足していると思われる栄養素を、プロテインやサプリメントで補ってあげるというアプローチは決して間違いではありません。

私は平均身長より低く、それが子供の頃かなりコンプレックスでした。
ある程度伸びたものの、大人になった今でも身長は低い方なので、背が低い辛さはよく分かります。
今さら背が伸びる訳がないので、どうする事もできないのですが・・・

最後にもう一度言います。

プロテインやサプリメントは薬ではなく栄養補助食品です。
限られた成長期ですから、栄養が不足する事がないようにサポートをしてあげたいものですね。

 

良かったらこちらの記事もどうぞ ↓

身長を伸ばす為には、十分な睡眠をとる事や普段の姿勢も大切です。

子供が朝なかなか起きないのは、親であるあなたに原因があるのかも知れません。
実は子供の成績も運動能力も、姿勢を治す事でどんどん向上する!

スポンサーリンク

 - 子供