あびくろ.com

子供/健康/からだの悩み/ブログ

転職を失敗させない為に考えておかなければならない動機とリスク

      2015/11/10




探す
あなたがこのページを見ているという事は、きっと今の仕事に何らかの不満を持って転職を考えているのだと思います。

若くて独身の人もいれば、家庭を持って奥さんや子供を養わなければならない人もいるでしょう。

私は決して転職する事が悪い事だとは思いませんし、むしろ自分に全く合っていないのであれば早めに転職した方が良いと思います。

ですが転職するという事は自分の将来を大きく左右するものでもありますし、家族や大勢の人にも大きな影響を与えるものです。

ここではいろいろな角度から本当に転職すべきかどうかを考えてみました。

 

スポンサーリンク

転職したいと思う理由は何?


あなたが今の職についた時には少なからず「この仕事(会社)で頑張ろう!」という気持ちがあったはずです。
それなのにいつしか転職を考えるようになったのには人によっていろいろな要因があります。

2015年上半期での転職理由ランキングでの1位は4年連続「他にやりたい仕事がある」だそうです。

転職理由2

出典 転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

このデータを見ると、転職を考える上で大きく分けて2つの思考に別れる事が分かります。
「専門知識・技術力を習得したい」「幅広い経験・知識を積みたい」などの自分の価値を向上させる事を望んでの思考
「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」などの現状への不満だけを感じての思考です。


4年連続1位の「ほかにやりたい仕事がある」というのは、どちらに当てはまるかは人それぞれで、もともとやりたかった仕事があって
その時にはできなかったけど、その準備が整った(例えば起業とか)からというケースもあるだろうし
今の仕事をしているうちに他の仕事に魅力を感じたというケースもあるでしょう。

また、単純に友人がしている仕事の方が楽しそうとか、今の仕事よりはまだあの仕事の方がいいなという不満からの動機もあるかも知れません。

自分がどちらのパターンに当てはまるのか考えてみるのも良いと思います。

「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」などの理由は転職して良かったという事もあるかも知れませんが、それだけを理由に転職すると


「給料は多くなったし休日も増えたけど、想像していた業務内容とは違った」とか
「人間関係が前の方が良かった」
など後悔してしまう事もあるので、目先の条件だけで転職を決めてしまうのは非常に危険です。

企業で仕事をする上で一番しんどい事は人間関係がうまくいかない時です。


多少給料が増えたからといっても、そうなってしまえば良い転職だとは言えないでしょう。

スポンサーリンク

転職する事による可能性

では結局のところ不満がありつつも我慢して自分に不向きな仕事を続けなければならないのかというとそうではありません。
人にはそれぞれ自分の能力を活かせる仕事があるので、その能力をいかんなく発揮できる仕事をすべきだと思います。

分かりやすい例をあげれば、体力は人並み以下だけど3ヶ国語を話せる人がいたとして、その人が体力勝負のガテン系の会社に勤めていたら、その人は自分の能力を活かしていると言えるでしょうか?

答えは明白だと思います。

せっかく職についたのだからといって自分に不向きで、数年後に自分の成長が見込めない仕事を我慢して続ける事は良い判断だとは言えませんよね。
我慢して耐え忍ぶ事は日本人の美学なのですが、いつまでも不向きな仕事をしていると言う事は自分の可能性を潰しているとも言えるでしょう。

転職する事によるリスク

現状の生活から全く未知の生活へと変わるのですから、当然いろいろなリスクがあります。
脱サラして事業主になる事を望む人には、企業からの給料が支給されるわけではないので
失敗した場合には我慢どうこうではなく、そもそも生活が出来なくなるというリスクがあります。
もしかしたら大きな借金を抱えてしまう結果になるかもしれません。

養っていく家族がいる場合には、その家族を路頭に迷わす事にもなりかねません。
現在勤めている会社から別の会社に転職する人にも、思い描いていた仕事とは違ったとか、嫌で嫌で仕方ない人がいるかもしれないというリスクはあります。
どんな転職であったとしても必ずしも良い環境になるとは限らないのです。

まとめ

喜び結局のところ、どんな仕事をするにしても楽しい事ばかりではありませんし、落ち込む事、辛い事もあるでしょう。
そういった場合に自分の価値を向上させる事を望んでの思考で転職したならば、少しくらい苦労があったとしても耐える事ができると思います。

しかし現状への不満だけを感じての思考で転職したなら、多少の辛い事も我慢できずに転職を繰り返す可能性が高いかもしれません。

あなたは今どちらの思考で転職を考えているか一度冷静に考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

その答えが自分の価値を向上させる事を望んでの選択だったならば、あなたの転職はきっとうまくいくでしょう!

 

 

スポンサーリンク

 - 転職